徳山湖からみる夏の夜空 (夏の大三角)ー GR Digital IV & GXR + Voigtlander Super Wide-Heliar Aspherical II

徳山湖沿いを通っている国道417号の駐車スペースで車を停めて撮ってみました。

Ricoh GXR + Mount A12 + Voigtländer Super Wide-Heliar Aspherical II 15mm f4.5 / nano.tracker

夏の大三角
2015/8/15 20h42m

徳山湖(徳山ダム)は私の自宅から車で1時間半程度の距離。岐阜や大垣の街からも遠く離れ、光害も少なく天の川がハッキリと見えます。

今回の撮影場所はカンノゼ合掌隧道を福井県方面に抜けたところにある割と広い駐車場。トイレもあります。
ここでいつものように比較明合成で撮ってみました。
Ricoh GR Digital IV 28mm f1.9 / StarStaxにて比較明合成(コメットモード)

夏の大三角の光跡
2015/8/15 20h52-22h36

ここ2,3年、私は夏の時期はこの徳山湖で撮ることが多いです。2日間連続して休みが取れる時は信州に行きますが、休みが1日の場合や翌日も仕事の時、晴れるとここに来ています。比較的近場で星が綺麗に見える場所があると便利ですね。

トラックバック企画「GR」に参加

ご案内 誰もが来れる入場無料イベント! 好きを仕事にする見本市~かさこ塾フェスタ


今年も参加いたします! まずは東京から! ・東京開催 2017/4/16(日)10時〜18時 東京文具共和会館 東京都台東区柳橋1-2-10
【東京】出展者紹介 No.9 ~コンデジ星空写真家「安江隆広」~

Facebook、twitter、instagramなどやっております。 よろしければフォローいただけると嬉しいです。 基本的にフォローをお返しいたします。


今後の撮影予定

  • 2017年3月 南信州、遠山郷・下栗の里

いっそのことGRを買って建築写真もそれで撮るか?

ちょっと前にも書きましたが、会社の業務で建築写真を撮っております。

自社で建てた住宅の内観・外観を撮っているのですが、デジタル一眼を持っていない私はRicohのGXRにA12 mount-MとVoigtländer Super Wide-Heliar(SWH) Aspherical II 15mm f4.5を取り付け、ミラーレスカメラのように使っております。

でもよく考えたら15mmのレンズをAPS-C仕様のカメラに取り付けると1.5倍の22.5mm相当、確かに超広角ですが、本来の15mmの画角は無いですよねぇ。

それならいっそのこと、GRか来週発売されるGR IIを購入し、さらにワイコンをつけて21mm相当にした方が手軽で賢いんじゃ無いの?って思うようになりました。GXR A12と同じAPS-Cフォーマットだし、f2.8で明るいし、軽いし、取り扱いも楽だし。
今持っているGR Digital IVのバッテリーと共有できるし、星の撮影も楽しく出来るし…

と、かなり前向きにGRを検討しています。単体で28mm、クロップして35mm、47mm、ワイコン付けて21mmになります。残念ながらテレコンは存在しません。過去にGR Digital II用に40mm相当になるテレコンを販売していたようですが、売れなくてすぐ消えたらしいです。

ここまで書いて、ちょっとググってみたらGRには「シフトクロップ」という機能があるようです。これはシフトレンズのようにアオリ撮影もどきが出来る機能。下から上に向かって仰ぎ見るように建物を撮影すると、通常は建物の上部がすぼまって写るのですが、「シフトクロップ」で撮影すると、そのすぼまりを無くして、縦のラインを上から下まで平行に直してくれるという。まぁ、PhotoShopやLightRoomで直せば良いのですが、手間をかけたくないですからね。ただ、RAWで撮っても補正してくれるかは不明。あとワイコン使っても機能するかも不明ですが。

ともあれ、GRがとても気になっているのでした。

Ricoh GR
Ricoh GR

ご案内 誰もが来れる入場無料イベント! 好きを仕事にする見本市~かさこ塾フェスタ


今年も参加いたします! まずは東京から! ・東京開催 2017/4/16(日)10時〜18時 東京文具共和会館 東京都台東区柳橋1-2-10
【東京】出展者紹介 No.9 ~コンデジ星空写真家「安江隆広」~

Facebook、twitter、instagramなどやっております。 よろしければフォローいただけると嬉しいです。 基本的にフォローをお返しいたします。


今後の撮影予定

  • 2017年3月 南信州、遠山郷・下栗の里