標高2000mの星空、銀河の中心を撮ってみるーGXR & GR LENS A12 28mm F2.5

今年は4月23日(木)にヴィーナスラインの冬季閉鎖が解除されたので、最初の週末である25日の夕方から美ヶ原高原に入りました。この日が私の今年最初の美ヶ原高原での撮影です。

信州に15年ほど住んでいたことがあるのですが、去る数年前から美ヶ原高原に車で登って星を撮ることが多くなりました。そして今も美ヶ原高原がオープンしている期間はよく行きます。オープン直後と閉鎖直前の日はだいたい毎年行っています。

美ヶ原高原で星を撮るのはだいたい夜半過ぎからなので、そのときの次の季節の星たちが見える様になります。つまり春に行くと夏の星座を主に撮ることになります。

蠍座、射手座付近
2015/4/26
2h38m16s

この写真は4月25日深夜、というか26日の夜明け前に撮影したので、夏の星座である蠍座と射手座(南斗六星)が写っています。また真ん中ほどにある明るく光っているところは銀河(天の川)の中心方向です。

蠍座、射手座付近

このあたりにはいろいろな星雲星団がひしめいているので、望遠レンズで個別にクローズアップしても面白いところです。

次に美ヶ原に行く機会には、このあたりを重点的に撮影するの考えています。

 

ご案内 誰もが来れる入場無料イベント! 好きを仕事にする見本市~かさこ塾フェスタ


今年も参加いたします! まずは東京から! ・東京開催 2017/4/16(日)10時〜18時 東京文具共和会館 東京都台東区柳橋1-2-10
【東京】出展者紹介 No.9 ~コンデジ星空写真家「安江隆広」~

Facebook、twitter、instagramなどやっております。 よろしければフォローいただけると嬉しいです。 基本的にフォローをお返しいたします。


今後の撮影予定

  • 2017年3月 南信州、遠山郷・下栗の里
カテゴリーGXR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA