中秋の名月。ホワイトバランスを変えて撮ってみた ー Olympus Stylus1

今日2015年9月27日は中秋の名月だそうです。
で、そのお月様をホワイトバランスを変えて撮ってみました。
カメラはオリンパスのコンパクトデジタルカメラ Stylus1です。
共通する設定は
Vividモード,1/125秒 F8.0 ISO100,焦点距離109mm(510mm相当)
です。

まずは「晴天」

晴天
晴天

 

銀色っ!ってな感じです。まぁ、普通かな。

次は「日陰」
ちょっと黄色がかっています。通常は日陰にある被写体を撮る時に使います。

日陰
日陰

 

次は「曇り」
「晴天」と「日陰」の中間的な色味ですね。

曇り
曇り

 

「電球」
通常は白熱電球の光の下で撮影するときに黄色く写るのを補正する時に使います。

電球
電球

 

「蛍光灯」
個人的にはこの色が好きです。妖しい雰囲気を出したいとき?とかに使っています(笑)

蛍光灯
蛍光灯

 

「2000K(ケルビン)」
ケルビン。おおざっぱに説明しますと、熱力学温度でいう分子が停止する温度を絶対零度(0K)とし、
我々日本人が通常使うセ氏(℃)に273.15を加えた数字をケルビンといいます。絶対零度は-273.15℃
色味にもケルビンという単位が使われていて、色温度といいます。色温度は実際の温度とは違います。
詳しくはグーグル先生に聞いてくださいね♪

2000Kというと夕日ぐらいの赤い空の下で普通に撮影すると写る色でしょうか。
それを正常な色に戻すために補正します。太陽光の下で2000Kに設定すると青く写ります。

2000K
2000K

 

「14000K(ケルビン)」
車のHIDヘッドライトで青色に見える光の色温度ですかね。
カメラのホワイトバランスを14000Kに設定してこのヘッドライトを撮ると白く写ることになります。
太陽光の下で撮ると赤っぽく写ります。

14000K
14000K

 

最後に「2900K」
カメラ雑誌に載っていたのですが、星空写真を撮るとき綺麗に見える色温度が2900Kだそうです。
画像を見ると「電球」に近いかな。
人それぞれ感じ方が違うかもしれませんが、私も青く写った星空写真は好きです。参考まで。

2900K
2900K

 

ホワイトバランスは他にも要素がありますが、とりあえず私のカメラでの簡単なお話をしてみました。

ご案内 誰もが来れる入場無料イベント! 好きを仕事にする見本市~かさこ塾フェスタ


今年も参加いたします! まずは東京から! ・東京開催 2017/4/16(日)10時〜18時 東京文具共和会館 東京都台東区柳橋1-2-10
【東京】出展者紹介 No.9 ~コンデジ星空写真家「安江隆広」~

Facebook、twitter、instagramなどやっております。 よろしければフォローいただけると嬉しいです。 基本的にフォローをお返しいたします。


今後の撮影予定

  • 2017年3月 南信州、遠山郷・下栗の里

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA