南信州・遠山郷 下栗の里 – GXR A12 SW-H ASP.15mm & GR Digital IV

個人的な仕事で南信州の南箕輪村に行ったついでに、
もっと南まで足を延ばして飯田市上村(旧下伊那郡上村)にある遠山郷に行ってきました。

目的はもちろん星を撮ること。

ここ遠山郷には昨年6月に行っており
その時は「日本のチロル」と呼ばれる「下栗の里」を撮りたくて行きました。

今回もそれが目的なのですが、やはり星も絡めて撮りたいと…

というわけで撮ったのがこれです。

遠山郷 下栗の里
2015/11/04 19h25m

遠く南の方は浜松市かと思いますが、街の光があり思ったより空は暗くなかったです。
真下は見えませんが、闇の中で遠山川のせせらぎの音のみが聞こえ、なんとも言えない雰囲気です。
時折、鹿の鳴く声と、木の枝が折れる音、木の実か何かが落ちる音が聞こえます。
怖いけれど、不思議な感じです。

この後、10数キロ離れたしらびそ高原で星を撮りながら夜を明かし、
日が昇る頃また戻ってきました。

その頃にはカメラマンが数名、この谷を撮っていましたので
その中に混じって夜明けの谷を撮ってみました。

別名「日本のチロル」と呼ばれているようですが、
山にへばりつくようにある小さな集落は、
なるほどと思えます。

(日本のチロル、日本のマチュピチュと呼ばれるところは
他の県でもわりとあるようですね。
私の地元岐阜県にも揖斐川町春日(旧揖斐郡春日村)に、そういったところがあるようです。)

夜明けの遠山郷 下栗の里
2015/11/05 7h55m

この日は下界には霧が発生しており、ここからはみごとな雲海が見えていました。
このままこの里でしばらく撮っていたい気分でしたが、帰る時間が迫っており少ししてから里を降りて行きました。

雪が降る頃また行きたい気分です。

ご案内 誰もが来れる入場無料イベント! 好きを仕事にする見本市~かさこ塾フェスタ


今年も参加いたします! まずは東京から! ・東京開催 2017/4/16(日)10時〜18時 東京文具共和会館 東京都台東区柳橋1-2-10
【東京】出展者紹介 No.9 ~コンデジ星空写真家「安江隆広」~

Facebook、twitter、instagramなどやっております。 よろしければフォローいただけると嬉しいです。 基本的にフォローをお返しいたします。


今後の撮影予定

  • 2017年3月 南信州、遠山郷・下栗の里

みんなの森 ぎふメディアコスモス – GXR A12 SW-H Asph. 15mm F4.5

前から気になっていた みんなの森 ぎふメディアコスモスに行ってきました。

ぎふメディアコスモス
2015/10/21 14h08m

今年7月にオープンしたみんなの森ぎふメディアコスモス。場所は旧岐阜大学病院跡地。
JR岐阜駅から平和通りを北へ歩いて25分。路線バスの停留所もあります。
1階は市民のためのいろいろなイベントが催されるところ? 2階は岐阜市中央図書館。

みんなの森 ぎふメディアコスモス
2015/10/21 14h12m

開館時間は9:00〜21:00まで。閉館日は毎月最終火曜日と年末年始、その他臨時休館日があるようです。

以前、日経アーキテクチュア 8月25日号の表紙と記事「フォーカス(建築)みんなの森ぎふメディアコスモス(岐阜市)
空気の流れを実感する 日本家屋のような風通し」にこの建物の構造に関することが載っていたので、興味があったのです。
木造構造の変わった建物です、特に2階の図書館の”グローブ”に注目!

グローブ
2015/10/21 10h23m

今回はどんな雰囲気か確かめに行ったのですが、とても居心地が良さそうです。
PCで作業するためにMBAを持って行ったのですが、2階の図書館にPC持ち込み者用のデスクがあったので、そちらを利用しました。
ACコンセント付きのデスクが、館内中央付近にあるエスカレーターのグローブを囲うように配置されています。
デスクの後ろが通路なので、画面を見られて気が散ることもあるやもしれませんが、まぁそれは割り切れるかな。
気になるようでしたら他にもスペースがありますし、1階にもテーブルがたくさんあるので(ACコンセントは無し)
平日でしたら場所には困らないかも。
館内の写真を撮ろうかとも思ったのですが、なんとなく気が引けましたので写真は撮っていません。

会議室も50名収容できる部屋が1時間550円
15名ほど収容できるプロジェクターや音響が備わった部屋が1時間270円
と、借りやすい金額です。なにかオフ会とか会議をするのに良さそうです。

1階にはローソンが入っています。来年にはスターバックスも入るらしいです。

みんなの森 ぎふメディアコスモス
2015/10/21 14h11m

いままで私は図書館といえば岐阜市市橋にある岐阜県図書館に行っていたのですが、これからはこちらに行きそうです。
会社帰りに寄っても遅くならないし、利用のしがいがありそうです♪

2階テラス席の屋根
2015/10/21 14h23m
2階テラス席から外を眺める
2015/10/21 14h23m

ご案内 誰もが来れる入場無料イベント! 好きを仕事にする見本市~かさこ塾フェスタ


今年も参加いたします! まずは東京から! ・東京開催 2017/4/16(日)10時〜18時 東京文具共和会館 東京都台東区柳橋1-2-10
【東京】出展者紹介 No.9 ~コンデジ星空写真家「安江隆広」~

Facebook、twitter、instagramなどやっております。 よろしければフォローいただけると嬉しいです。 基本的にフォローをお返しいたします。


今後の撮影予定

  • 2017年3月 南信州、遠山郷・下栗の里

乗鞍岳から昇る北斗七星 – GXR A12 SW-H Asph. II 15mm F4.5

今回は御嶽山の北側、岐阜県高山市(旧高根村)にあるチャオ御岳スノーリゾート駐車場から
撮ってみました。

乗鞍岳から昇る北斗七星
2015/10/20 0h35m

残念ながら乗鞍岳の長い裾野は雲の隠れてしまっています。北斗七星の杓の升?の部分が昇ってきます。

ご案内 誰もが来れる入場無料イベント! 好きを仕事にする見本市~かさこ塾フェスタ


今年も参加いたします! まずは東京から! ・東京開催 2017/4/16(日)10時〜18時 東京文具共和会館 東京都台東区柳橋1-2-10
【東京】出展者紹介 No.9 ~コンデジ星空写真家「安江隆広」~

Facebook、twitter、instagramなどやっております。 よろしければフォローいただけると嬉しいです。 基本的にフォローをお返しいたします。


今後の撮影予定

  • 2017年3月 南信州、遠山郷・下栗の里

M45(Pleiades) – Ricoh GXR Mount A12 + Olympus Zuiko-T Auto 180mm F2.8

先日の御嶽山7合目での撮影記録、最後はM45、プレアデス星団、別名すばるです。

M45 プレアデス星団
2015/10/14 4h10m

これからの季節、東の空から昇ってきます。
肉眼でも目が良い人なら6、7個見えますね。

ご案内 誰もが来れる入場無料イベント! 好きを仕事にする見本市~かさこ塾フェスタ


今年も参加いたします! まずは東京から! ・東京開催 2017/4/16(日)10時〜18時 東京文具共和会館 東京都台東区柳橋1-2-10
【東京】出展者紹介 No.9 ~コンデジ星空写真家「安江隆広」~

Facebook、twitter、instagramなどやっております。 よろしければフォローいただけると嬉しいです。 基本的にフォローをお返しいたします。


今後の撮影予定

  • 2017年3月 南信州、遠山郷・下栗の里

M31(Andromeda Galaxy) – Ricoh GXR Mount A12 + Zuiko 180mm F2.8 VS Olympus Stylus1

アンドロメダ銀河を2種類のカメラ(とレンズ)で撮ってみました。

まずはリコーGXRにライカMマウントレンズが取り付けられる12MピクセルAPS-CサイズのC-MOSユニット。
これにズイコーレンズを取り付けられるアダプターを装着し、Zuiko 180mm F2.8レンズを載せました。
APS-Cサイズなので270mm相当となります。ISOは1600 60秒露出です。

M31(GXR A12M Zuiko 180mm F2.8))
2015/10/14 1h20m

 

次はオリンパスStylus1というコンデジです。f2.8で300mm相当の望遠で撮りました。画素数は16Mピクセルです。
こちらもISO1600 60秒露出です。

M31(Stylus1)
2015/10/14 4h37m

GXRと30年前のレンズを組み合わせた上の写真は、青い滲みがあり昔の天体写真の雰囲気があります。
下のStylus1は滲みもなく、デジタルらしい感じでしょうか。
と書いていますが、実際はよくわかっていない私です(笑)

どちらが好きかと言われると、雰囲気的に上のGXRの方かな。

ご案内 誰もが来れる入場無料イベント! 好きを仕事にする見本市~かさこ塾フェスタ


今年も参加いたします! まずは東京から! ・東京開催 2017/4/16(日)10時〜18時 東京文具共和会館 東京都台東区柳橋1-2-10
【東京】出展者紹介 No.9 ~コンデジ星空写真家「安江隆広」~

Facebook、twitter、instagramなどやっております。 よろしければフォローいただけると嬉しいです。 基本的にフォローをお返しいたします。


今後の撮影予定

  • 2017年3月 南信州、遠山郷・下栗の里

Double Cluster, NGC869 & NGC884 – Ricoh GXR, Mount A12 + Zuiko-T Auto 180mm F2.8

ペルセウス座の二重星団(Double Cluster)です。別名h・χ(えいち・かい)とも呼ばれます。詳しくはWikipediaで♪

画像では中程にある上下二つの星たちの塊を指します。

NGC869(h)は画像では下側、NGC884(χ)は上側となります。

二重星団
2015/10/14 3h55m

場所はペルセウス座なのですが、見つける時、私はカシオペア座から辿っています。
次の写真は、カシオペア座、ペルセウス座と近くの天体の位置を図入りで表してみました。

二重星団、アンドロメダ銀河、スバル
2015/10/13 20h28m

秋の夜長、空を見上げて二重星団を探してみてはいかがでしょうか。
(二つの写真の撮影時刻は同じ夜ですが、7時間半ほど異なるので二重星団の見え方は異なります)

ご案内 誰もが来れる入場無料イベント! 好きを仕事にする見本市~かさこ塾フェスタ


今年も参加いたします! まずは東京から! ・東京開催 2017/4/16(日)10時〜18時 東京文具共和会館 東京都台東区柳橋1-2-10
【東京】出展者紹介 No.9 ~コンデジ星空写真家「安江隆広」~

Facebook、twitter、instagramなどやっております。 よろしければフォローいただけると嬉しいです。 基本的にフォローをお返しいたします。


今後の撮影予定

  • 2017年3月 南信州、遠山郷・下栗の里

M42(NGC1976, Orion Nebula) – Ricoh GXR , Mount A12 + Zuiko-T Auto 180mm F2.8

M42(NGC176) 別名オリオン大星雲です。

2015/10/15 1h51m
2015/10/15 1h51m

オリオン座の三ツ星ベルトの下、小三ツ星の真ん中にほわっとしたものが見えますが、これがオリオン座大星雲です。
30年以上前のオリンパスの銘玉?180mm F2.8レンズをリコーのGXRに取り付けて撮ってみました。
星の周りに青い滲みが付いていますが、昔のレンズはこのような写りになります。

M42は肉眼で見える散光星雲のうち最も明るいものの一つです。年齢は1万年ほど。
今現在星が誕生している真っ最中だそうです。
地球からの距離は約1300光年、直径は約33光年だそうです。(Wikipediaより)

望遠鏡で見ると緑がかって見えるそうですが、写真に撮るとピンクや赤が強く写ります。
子供の頃よく望遠鏡で見ていたのですが、色はよくわからなかった気がします(笑)

鳥が羽を広げたような形で、目立ち、よく天体写真の対象となります。私もよく撮ります♪

ご案内 誰もが来れる入場無料イベント! 好きを仕事にする見本市~かさこ塾フェスタ


今年も参加いたします! まずは東京から! ・東京開催 2017/4/16(日)10時〜18時 東京文具共和会館 東京都台東区柳橋1-2-10
【東京】出展者紹介 No.9 ~コンデジ星空写真家「安江隆広」~

Facebook、twitter、instagramなどやっております。 よろしければフォローいただけると嬉しいです。 基本的にフォローをお返しいたします。


今後の撮影予定

  • 2017年3月 南信州、遠山郷・下栗の里

御嶽の三笠山から昇る月とオリオン ー GXR Mount M + Voigtländer SW-H Asp. II 15mm F4.5

先日の御嶽山7合目での撮影にて。

御嶽・三笠山から昇る月とオリオン
2015/10/7 3h13m

月齢23.48、ちょっと太った三日月が三笠山の陰から昇って来ました。空が暗いので、月明かりで写しにくいというのは非常に少なくなった感じがあります。

ご案内 誰もが来れる入場無料イベント! 好きを仕事にする見本市~かさこ塾フェスタ


今年も参加いたします! まずは東京から! ・東京開催 2017/4/16(日)10時〜18時 東京文具共和会館 東京都台東区柳橋1-2-10
【東京】出展者紹介 No.9 ~コンデジ星空写真家「安江隆広」~

Facebook、twitter、instagramなどやっております。 よろしければフォローいただけると嬉しいです。 基本的にフォローをお返しいたします。


今後の撮影予定

  • 2017年3月 南信州、遠山郷・下栗の里

御嶽山に沈む天の川 ー GXR mount M + Voigtländer SW-H ASP. II 15mm F4.5

昨夜(2015年10月6日)から今朝にかけて、御嶽山7合目にいました。
12月13日に東京・外神田にあります3331 Arts Chiyoda にて開催される
「かさこ塾まつりまつり 2015」に出展する写真を撮りに行っておりました。

で、撮った中で気に入った写真のひとつがこれです。

御嶽山に沈む天の川
2015/10/7 2h43m14s

ポータブル赤道儀という星の動きに合わせてカメラを動かしていますので、地上の景色(御嶽山)はブレています。
カメラは最近のお気に入りの組み合わせ、Ricoh GXR にAPS-Cサイズのライカマウントユニットをセットし、
レンズはVoigtländerのSuper Wide-Heliar Aspherical II 15mm F4.5(以下 SW-H)を使っています。
また、星を追尾するポータブル赤道儀はnano.trackerを使っています。

SW-Hはf4.5と暗いですが、空の暗いところでは結構星が沢山写ってくれるのでお気に入りのレンズです。
APS-Cマウントに取り付けると22.5mm相当(15×1.5)の画角となり、本来の超広角レンズの役割を果たせませんが、
それでも十分過ぎるほど広い範囲を写せます。

この写真では中心より左上にアンドロメダ銀河M31が写っています。また真ん中より右上にはカシオペア座が写っていますが、
あまりにも星が沢山写りすぎて、どれがカシオペア座のWの形なのかわかりにくいです。
上方から御嶽山の中心に向かって細かい星が沢山写っていますが、これが天の川です。

御嶽山に沈む天の川
2015/10/07 3h39m18s

こちらは☆の追尾を止めた写真です。御嶽山は輪郭がハッキリわかりますが、星は流れています。右方向が北になり、
画面から少し外れたところに北極星があります。

御嶽山7合目はとても大きな駐車場があり車でスムーズに上がれます。この辺りは入山規制がかかっていませんので、
お咎めなしに来られます。
入山は出来ないのですが、写真を見ますと御嶽山の右の所にある建物の明かりが写っています。
山荘関係者かどなたかが滞在されているのでしょうか。ちょっと気になります。

さて、冒頭にお知らせしました「かさこ塾祭り2015」ですが、こちら
概要などが掲載されていますので、皆さんどうぞいらしてください。
かさこ塾祭り 2015

ご案内 誰もが来れる入場無料イベント! 好きを仕事にする見本市~かさこ塾フェスタ


今年も参加いたします! まずは東京から! ・東京開催 2017/4/16(日)10時〜18時 東京文具共和会館 東京都台東区柳橋1-2-10
【東京】出展者紹介 No.9 ~コンデジ星空写真家「安江隆広」~

Facebook、twitter、instagramなどやっております。 よろしければフォローいただけると嬉しいです。 基本的にフォローをお返しいたします。


今後の撮影予定

  • 2017年3月 南信州、遠山郷・下栗の里

消滅前のアイソン彗星C/2012 S1 ー GXR Mount A12 + LEICA SUMMICRON 1:2/90

3年前の2012年に発見され、当時の予報で翌2013年の秋から2014年にかけて大彗星になると言われていたアイソン彗星(C/2012 S1 Comet Ison)
2013年11月にいつもの美ヶ原高原方面に出向き撮影を行いました。

このときは南の方角にアイソン彗星はいたのですが、わたしのホームグラウンド?では南の空は地平線まで開けていないところだったので
南に下ってビーナスライン上にある三峰山展望台近くにある広場で撮影しました。(三峰山展望台には駐車場があるのですが
夜間は閉鎖されているので入れません)
秋からビーナスラインが閉鎖される数週間、私はここで撮ることもあります。

2013年11月13日明け方の写真です。
○で囲ったところにアイソン彗星はいます。乙女座の左腕(二の腕)のあたりです(といっても想像上の位置ですが、笑)

C/2012 S1 Comet Ison
2013/11/13 5h20m57s

 

翌2013年11月14日明け方に撮ったアイソン彗星です。
中央にエメラルドグリーンに輝き、上方に小さな尾が延びているのがアイソン彗星です。
上とこの写真2枚は当時辰野町の写真家さんからお借りしたLEICA SUMMICORN-M 1:2/90で撮りました。

C/2012 S1 Comet Ison
2013/11/14 4h22m35s

 

同じ日に撮ったOlympus ZUIKO 180mm f2.8でのアイソン彗星
星像は流れていますが、左側にエメラルドグリーンの彗星がいます。

C/2012 S1 Comet Ison
2013/11/14 4h58m20s

 

美ヶ原高原から下ったところといえど、標高1700mの初冬の朝は寒かったです。

三峰山付近の気温
三峰山付近の気温 -5℃

さて、アイソン彗星はその後太陽にいちばん近づいた(近日点)11月28日に崩壊・消滅しました。
近日点通過後に再び空に現れて雄大な姿を見せてくれると思っていたのに、あっけなく散ってしまいました。
これも宇宙ならではの出来事なのでしょうかね。

ご案内 誰もが来れる入場無料イベント! 好きを仕事にする見本市~かさこ塾フェスタ


今年も参加いたします! まずは東京から! ・東京開催 2017/4/16(日)10時〜18時 東京文具共和会館 東京都台東区柳橋1-2-10
【東京】出展者紹介 No.9 ~コンデジ星空写真家「安江隆広」~

Facebook、twitter、instagramなどやっております。 よろしければフォローいただけると嬉しいです。 基本的にフォローをお返しいたします。


今後の撮影予定

  • 2017年3月 南信州、遠山郷・下栗の里