1年前、美ヶ原高原でDirunalMotionを撮っていたーGR Digital IV

MacアプリのiPhotoで過去の画像を眺めていたら、昨年の今日、美ヶ原高原で星を撮っていたのがわかりました。というか思い出しました。

会社の休みがあって・晴れていて・月明かりが無いときは、ほとんど星を撮りに出かけている生活をしているんですね。我ながらよく続いています。

この動画もGR Digital IVで撮っていたのですが、このときは少し違う保存方法をしていました。「インターバル合成画像保存」を「途中経過保存」にすると、撮った画像を毎回カメラ内で合成して保存してくれます。

19分ほどの短い軌跡ですので迫力が無いのが残念ですね。下の画像は最終的にできあがったものです。

わかりやすい星として、北極星とカシオペア座が写っているのがおわかりでしょうか。

北天DiurnalMotion TimeLapse
2014/07/26 1h52m34s-2h11m55s

実はこの日の目的はジャック彗星(Comet Jacques, C/2014 E2)の撮影でした。ジャック彗星というのは2014年3月13日(現地時間)にブラジルの天文家 Cristóvão Jacques によって発見された新しい彗星です。

下は2時21分に北東の空からぎょしゃ座とともに昇ってきたジャック彗星を、写野の端にとらえた画像です。当時は晴れていればだいたい
ジャック彗星を狙っていましたね。

C/2014 E2, Comet Jacques
2014/7/26 2h21m07s

今年の夏はコンデジで撮れる彗星が現れていないのが残念です。

ご案内 誰もが来れる入場無料イベント! 好きを仕事にする見本市~かさこ塾フェスタ


今年も参加いたします! まずは東京から! ・東京開催 2017/4/16(日)10時〜18時 東京文具共和会館 東京都台東区柳橋1-2-10
【東京】出展者紹介 No.9 ~コンデジ星空写真家「安江隆広」~

Facebook、twitter、instagramなどやっております。 よろしければフォローいただけると嬉しいです。 基本的にフォローをお返しいたします。


今後の撮影予定

  • 2017年3月 南信州、遠山郷・下栗の里

霧ヶ峰に昇るペルセウスーGR Digital IV によるタイムラプス

晴れ間をぬって諏訪湖畔にてGR DIgital IVで星の撮影をしてみました。
今回はペルセウス座流星群でおなじみのペルセウス座方向に向けてみました。
13秒ごとに撮影した225枚の画像を比較明合成(コンポジット)したものです。

霧ヶ峰に昇るペルセウス
2015年7月22日 1h04m52s〜2h08m20s

諏訪湖畔(岡谷市湊2丁目)にてペルセウス座を狙うと霧ヶ峰が入ってきます。今回は雲が湧いてくる様子も撮ることが出来ました。
通常の星空撮影では邪魔な雲ですが、タイムラプス動画として撮るとなかなか楽しい絵となりますね。
次の動画は同じく225枚の画像をタイムラプス動画として合成してみました。

静止画よりも画質が落ちますが、星の動く様子はよくわかると思います。
ペルセウス座流星群は毎年お盆の頃が見頃です。今年は月明かりの影響を受けないので、たくさんの流星が見られるでしょう。

ご案内 誰もが来れる入場無料イベント! 好きを仕事にする見本市~かさこ塾フェスタ


今年も参加いたします! まずは東京から! ・東京開催 2017/4/16(日)10時〜18時 東京文具共和会館 東京都台東区柳橋1-2-10
【東京】出展者紹介 No.9 ~コンデジ星空写真家「安江隆広」~

Facebook、twitter、instagramなどやっております。 よろしければフォローいただけると嬉しいです。 基本的にフォローをお返しいたします。


今後の撮影予定

  • 2017年3月 南信州、遠山郷・下栗の里

杖突峠からみた茅野市周辺

杖突峠から見た茅野市

ご案内 誰もが来れる入場無料イベント! 好きを仕事にする見本市~かさこ塾フェスタ


今年も参加いたします! まずは東京から! ・東京開催 2017/4/16(日)10時〜18時 東京文具共和会館 東京都台東区柳橋1-2-10
【東京】出展者紹介 No.9 ~コンデジ星空写真家「安江隆広」~

Facebook、twitter、instagramなどやっております。 よろしければフォローいただけると嬉しいです。 基本的にフォローをお返しいたします。


今後の撮影予定

  • 2017年3月 南信州、遠山郷・下栗の里

いっそのことGRを買って建築写真もそれで撮るか?

ちょっと前にも書きましたが、会社の業務で建築写真を撮っております。

自社で建てた住宅の内観・外観を撮っているのですが、デジタル一眼を持っていない私はRicohのGXRにA12 mount-MとVoigtländer Super Wide-Heliar(SWH) Aspherical II 15mm f4.5を取り付け、ミラーレスカメラのように使っております。

でもよく考えたら15mmのレンズをAPS-C仕様のカメラに取り付けると1.5倍の22.5mm相当、確かに超広角ですが、本来の15mmの画角は無いですよねぇ。

それならいっそのこと、GRか来週発売されるGR IIを購入し、さらにワイコンをつけて21mm相当にした方が手軽で賢いんじゃ無いの?って思うようになりました。GXR A12と同じAPS-Cフォーマットだし、f2.8で明るいし、軽いし、取り扱いも楽だし。
今持っているGR Digital IVのバッテリーと共有できるし、星の撮影も楽しく出来るし…

と、かなり前向きにGRを検討しています。単体で28mm、クロップして35mm、47mm、ワイコン付けて21mmになります。残念ながらテレコンは存在しません。過去にGR Digital II用に40mm相当になるテレコンを販売していたようですが、売れなくてすぐ消えたらしいです。

ここまで書いて、ちょっとググってみたらGRには「シフトクロップ」という機能があるようです。これはシフトレンズのようにアオリ撮影もどきが出来る機能。下から上に向かって仰ぎ見るように建物を撮影すると、通常は建物の上部がすぼまって写るのですが、「シフトクロップ」で撮影すると、そのすぼまりを無くして、縦のラインを上から下まで平行に直してくれるという。まぁ、PhotoShopやLightRoomで直せば良いのですが、手間をかけたくないですからね。ただ、RAWで撮っても補正してくれるかは不明。あとワイコン使っても機能するかも不明ですが。

ともあれ、GRがとても気になっているのでした。

Ricoh GR
Ricoh GR

ご案内 誰もが来れる入場無料イベント! 好きを仕事にする見本市~かさこ塾フェスタ


今年も参加いたします! まずは東京から! ・東京開催 2017/4/16(日)10時〜18時 東京文具共和会館 東京都台東区柳橋1-2-10
【東京】出展者紹介 No.9 ~コンデジ星空写真家「安江隆広」~

Facebook、twitter、instagramなどやっております。 よろしければフォローいただけると嬉しいです。 基本的にフォローをお返しいたします。


今後の撮影予定

  • 2017年3月 南信州、遠山郷・下栗の里